チャッキング工法とは?

 

「チャッキング工法」とは何か?

「チャッキング工法」は、既存杭にケーシングをかぶせて削孔し、地盤と既存杭の「縁を切った」あと、杭先端を「チャッキング」して、そのまま杭をケーシングに内包して引き上げる工法です。
杭全体をケーシングに入れた状態で引き上げるので、破損したり中折れした杭も安全確実に引抜きができます。
またケーシング先端から充填材を吐出することで、杭孔の最深部からの埋め戻しが可能であり、引抜き孔全長にわたって充填材を埋め戻すことができます。
チャッキング工法図
チャッキングヘッド

ヘッドの爪が杭をチャックしているところ
チャック爪と充填材吐出口

チャック爪と充填材吐出口

 

チャッキング工法のプロセス(一例)

杭芯セット
①杭芯セット
杭芯にケーシングの中心をあわせてスタンバイします。
掘削開始
②掘削開始
掘削を開始。ケーシングは既存杭の傾斜に沿って追随します。
水による削孔
③-A 水による削孔
掘削時にケーシング先端部から、水を吐出して、ケーシング内外を泥土化。地盤の掘削抵抗を減らし、土砂の供回りによる杭破壊を防ぎます。
充填材を出しながら削孔
③-B 充填材を出しながら削孔
ケーシング先端部から、セメントミルクなどの充填材を吐出。ケーシング内外をソイルセメント化しながら掘削する場合もあります。
掘削完了・杭先端チャッキング・注入開始
④掘削完了・杭先端チャッキング・注入開始
掘削完了後、押圧装置を作動させ既存杭をチャッキングします。
孔口からのオーバーフロー
⑤孔口からのオーバーフロー
充填材を吐出しながらケーシングを引き上げ。管理装置+杭穴からのオーバーフローを見ながら充填材吐出を続けます。
ケーシング引き上げ
⑥ケーシング引き上げ
ケーシング引き上げ速度などは管理装置で一元管理します。
杭抜き工事完了
⑦杭抜き工事完了
ケーシング引き上げにより、既存杭撤去と埋戻しが完了します。