チャッキング工法の特徴 – 1

 

チャッキング工法の特長は?

①既存杭を安全確実に撤去できます

既存杭全体をケーシングで包み込んで引き上げるので、輪投げ工法では除去が困難とされていた、中折れ、破損、ジョイント不良などの杭も確実に撤去できます。
また既存杭の周辺固化物(根固めなど)も、地中に残すことなく同時に撤去します。
杭を玉掛けワイヤーで引き上げる作業をしないため、玉掛けに起因する事故とは無縁。安全確実な杭撤去が可能です。
引抜き可能な杭

  • 折れ杭
  • 壊れた杭
  • ジョイント部未接合
  • 柱状地盤改良杭
  • 斜杭(傾斜角3.0度程度まで)など
輪投げ工法
折れた杭などが地中に残存する恐れ
チャッキング工法
折れた杭でもすべてを確実に除去

 

②周辺築造物も一緒に撤去できます

既存杭とその周囲を包み込んで引き上げますので、杭本体以外に、周辺に築造されているものも同時に除去できます。
これらは従来、縁切れや剥離によって、地中に残存してしまう可能性が高いものでした。
引抜き可能な杭

  • ペデスタル杭 先端球根部
  • 既製コンクリート杭(既製コンクリート杭周囲に付着しているセメントミルク固化・既存杭先端以深に築造されている拡大根固め固化部や余掘りセメントミルク固化部)
  • H鋼杭やSMW(H鋼芯材全長、芯材に付着しているセメントミルク固化物・芯材以深に築造されているソイル部や余掘りセメントミルク固化部)
既製コンクリート杭の周辺固化物
既製コンクリート杭の周辺固化物
チャッキング工法なら根こそぎ除去できます
チャッキング工法なら根こそぎ除去できます

 

③杭穴最深部から確実な充填ができます

ケーシング先端から水や充填材を吐出しながら掘削し、ケーシング内外の土砂を泥土やソイルセメント化しながら掘り進むことができます。
輪投げ工法とは異なり、杭穴最深部から充填材を注入しながら引上げるので、杭穴の全長にわたり確実な充填が可能です。
ケーシングの引上げ速度、充填材の吐出などは、専用の管理装置で一元管理できます。
引抜き時に杭孔が崩壊すると
引抜き時に杭孔が崩壊すると
充填材が最深部まで届かず地中に空隙が残る
充填材が最深部まで届かず地中に空隙が残る
ケーシング先端部から充填しながら引抜き
ケーシング先端部から充填しながら引抜き
引抜きと充填が同時に終了します
引抜きと充填が同時に終了します