チャッキング工法の特徴 – 2

 

④適用限界に課題があります

チャッキング工法の適用範囲は既存杭径や長さではなく、重量で決定されます。
チャッキング工法は、オーガー・ケーシング・既存杭を一度に引き上げますのでベースマシンの引抜き能力がそのまま限界値として表れます。
現在使用されている最大級のベースマシンは三点式杭打ち機ですが、その能力限界が現在のチャッキング工法の引抜き限界となります。
今後の課題としては、さらに引抜き能力のあるベースマシンの採用や、重量軽減方法などを検討し、大口径杭や重量杭の引抜きを可能とすることです。

チャッキング工法と引き抜いた杭

杭抜き工事の様子
杭抜き工事の様子
杭抜き工事の様子
杭抜き工事の様子
抜いた杭の取り出し
抜いた杭の取り出し
抜いた杭の取り出し
抜いた杭の取り出し
SMW芯材及びソイル
SMW芯材及びソイル
破損状態の杭
破損状態の杭
中折れ・破損状態の杭
中折れ・破損状態の杭