輪投げ工法とは?

 

「輪投げ工法」とは何か?

「輪投げ工法」は、現在、日本全国において最も多く採用され広く普及している工法です。
既存杭にケーシングをかぶせて削孔し、地盤と既存杭の「縁を切った」あと、杭にワイヤーをセットして、杭を原型のままクレーンなどで引き上げる工法です。
引抜き孔の埋戻しは、杭孔上部からとなります。
輪投げ工法01
輪投げ工法02

 

輪投げ工法のプロセス(一例)

杭芯セット
①杭芯セット
杭芯にケーシングの中心をあわせてスタンバイします。
削孔開始
②削孔開始
掘削液(水orベントナイト水)を送りながらケーシングを回転させて掘削します。
ケーシング引上げ
③ケーシング引上げ
指定削孔長まで掘削したらケーシングを引き上げます。
ワイヤーセット
③ワイヤーセット
ケーシング先端にワイヤーを仕込み、挿入して杭にワイヤーをセットします。
杭引抜き
④杭引抜き
重量のある杭の場合
⑤重量のある杭の場合
杭重量が重い時は、多滑車を複数台使用して引き上げます。
上部杭切断・撤去
⑥上部杭切断・撤去
杭重量が重く1回で引き上げ不可の場合、杭上部を切断撤去して作業を継続します。
撤去完了
⑦撤去完了