杭引抜き工事とは?

 

杭抜き工事とはどんな工事?

既存杭の引き抜き工事では、削孔にケーシングが使用されます。
既存杭の杭頭にケーシングをかぶせて削孔し、地盤と既存杭との「縁を切り」ます。
その後、杭をどのように引き抜くかで、工法は大きく2つに分かれます。

輪投げ工法

ケーシングを引き上げ、杭にワイヤーをかけて引き抜きます。
同時に杭孔の上部から充填材を注入して埋め戻しをします。
ケーシング削孔で地盤との縁切りをする
①ケーシング削孔で地盤との縁切りをする
杭にワイヤーをかけて引き抜く
②杭にワイヤーをかけて引き抜く
引抜きと埋戻し完了
③引抜きと埋戻し完了

 

輪投げ工法01
輪投げ工法02

 

チャッキング工法

ケーシングに内蔵された爪で、杭の先端部を抱え込み、杭本体をケーシングの中に入れたまま、ケーシングごと引き抜きます。
そのさいに、ケーシング先端から充填材を吐出して、杭孔の最深部から埋戻しをします。
ケーシング削孔で地盤との縁切りをする
①ケーシング削孔で地盤との縁切りをする
ケーシングの爪で杭の先端部をチャッキング
②ケーシングの爪で杭の先端部をチャッキング
ケーシング先端から充填材を吐出しながら引き上げる
③ケーシング先端から充填材を吐出しながら引き上げる

 

チャッキング工法01
チャッキング工法02