理想の埋戻し材とは?

 

理想の埋戻し材とは何か?

既存杭を引き抜くと孔が残ります。この孔を埋めることを「引抜き孔の埋め戻し」と呼びます。
杭を除去するだけではなく、埋め戻しが完了してはじめて「杭抜き工事を完了した」ということができます。

埋め戻しの基準になるものは何か?

私たちは埋め戻し工事の際、何を基準に埋め戻せば良いのでしょうか?答えは明白です。元の地盤です。
杭を打つ前の本来の地盤を復元できることがベストです。
しかし元の地盤は、すでに杭の打設と引抜きによって破壊され変化しており、元通りの復元は今の技術では不可能です。
では何をもって「元の地盤と同等」といえるのか?そこに答えを見出し、最適な方法と材料で埋め戻しを行うことが、我々だけでなく、次世代の人々にとってもとても重要なことです。

埋め戻し工事にも「スタンダード」が必要

現在の既存杭引き抜き工事では、それぞれの発注者や施工業者などが思いのままに埋め戻し材料を決定し、作業を行っているのが現状です。
しかしその埋め戻しが原因で、陥没や地盤の不良化など多くの問題が発生しています。
当協会では、引抜き孔の埋め戻しに必要な材料の特性や、実際に埋め戻した後の引抜き孔の検証などの研究を行い、引抜き孔の埋め戻し標準を確立したいと考えています。

どの埋め戻し材料がベストなのか?

現在の埋め戻し作業に使われる主要な材料をご紹介します。

①砂

砂

 

いま引抜き孔の埋め戻しで、最も多く採用されているのが砂ではないでしょうか。
砂を使う理由は以下のようなことが考えられます。
A. 安価だから
B. 自然のものだから
C. セメント系材料を使用するのは望ましくないから
しかし砂による埋め戻しは、いまの既存杭引抜き工事では、杭を引き抜いてぽっかりと開いた孔の上からしか、投入することができません。その場合、孔はすでに崩壊しており、十分な量が入りません。また締固め・転圧なども確実に行えません。
このような埋め戻しが原因で、抜き跡の陥没や周辺地盤の沈下などの問題が発生していることが考えられます。
砂による埋め戻しは決して悪いことではありませんが、現状をしっかりと把握し、確実な量の埋め戻しや締固め・転圧ができないのであれば、危険を招くものと認識した方がよいと思われます。
当協会では、この「砂による埋め戻し」に関しても研究を行っていきます。

 

②流動化処理土

流動化処理土

 

流動化処理土は、建設残土に水・セメントを混ぜて作られるもので、流動性のある資源循環型の埋戻し材です。
多数の埋め戻し現場に使用されており実績も豊富です。しかし全国的にみると、標準材料として考えることには無理があります。
流動化処理土プラントがない地域もあり、そのような地域ではそもそも材料が届かないからです。
また流動化処理土は、生コンのように外部からの搬入が一般的で、時間と共に硬化するので調整が困難です。
そのため埋め戻し数量が、杭1本につき50~100㎥のような、大口径杭の埋め戻しには適していますが、小口径で、杭1本につき1~3㎥の注入を、1日10回程度行うような埋め戻しには不向きです。

 

③セメントミルク

セメントミルク

 

セメントミルクは、セメントと水、各種の混和剤を混ぜたもので、杭打ち工事や山留工事、地盤改良工事などで数多く使用されています。
しかし引抜き孔の埋め戻しに使うことには、抵抗を感じる人も多いようです。
その理由として以下のような声があります。
A. 硬くなって地中障害になる
B. コンクリートを引き抜いたのにセメントを入れるなんておかしい
C. ベントナイトが入ったら産廃である
ところが②の流動化処理土にもセメントは入っています。ベントナイト=産業廃棄物ということでしょうか?
セメントミルクは配合量を管理することで、ほぼ同一な品質のものを製造できます。
またこれまでの用途の多くが、杭の根固め液や、地盤改良杭、構台やタワークレーンの支持杭などであったため、相当な強度が出るものと思い込まれていますが、実際にはqu28=0.2~0.5Nmm2程度の「柔らかい」ものも製造できます。
また一番の利点は、セメントミルクは汎用のプラント設備により、工事現場で混錬作製ができる点です。
日々変化する工事の進捗やトラブルなどにも対処しやすく、ロスが少ないタイムリーな埋め戻しが可能です。