「杭抜き」工事の理想

 

既存杭引抜き工事の「理想」

1事前調査

工事の前に事前調査が実施され、埋設されている杭の実際の配置や長さ、傾斜などが測定されます。
事前調査イメージ
事前調査イメージ

2見積もり

打設当時の設計図などと共に、事前調査で判明した実際の杭の配置図を受け取ります。
調査図面で、たとえば「3本ますや4本ますの既存杭が下方で接近している」「杭の下方部分が隣の敷地に入っている」などの情報が明示されます。
このことでより確実な工法を選択でき、引抜き不能箇所も事前に判断できます。
結果としてより正確な見積もりが可能となり、さまざなまリスクを回避できます。

3計画書

施工計画書は決められた指針に基づき作成されます。
計画書には既存杭引抜き工事の標準的・普遍的な項目が記載されたうえ、施工法や注入材、施工機械などが、各工法により独自に記されます。
さらに注入材の配合強度などの整合性のための地盤解析の判定結果なども記載されます。
また山留計算のように引抜き孔周囲の沈下量の明記も必要です。
地盤の沈下量は、境界際の引抜きと敷地中央部で、その許容値が変わるべきなので、それを反映した記載がなされることが理想です。

4杭位置の確認

事前調査により、既存杭の位置が確実に分かるようになっています。

5杭の引き抜き

事前の調査図面により、杭の傾斜などが分かっているので、それに対処する削孔が可能となります。
引抜き工事は管理装置により一元管理され、深度、電流、流量、削孔軌跡などが記録、管理されます。
また「杭を引き抜いたら先端部がなかった」などの場合は、確認装置を使用して、地中残置の有無が確認されます。
杭抜き施工管理装置・画面イメージ
杭抜き施工管理装置・画面イメージ
削孔軌跡-イメージ削孔軌跡図
削孔軌跡-イメージ削孔軌跡図

6埋め戻し充填

施工管理装置を用いて、計画書にそった確実な充填が実施されます。

7引抜き孔の調査(確認)及び評価

工事完了後、引抜き孔の調査(確認)、評価試験が実施され、「良・否」の判定がなされます。

8施工報告書の提出

報告書には以下のようなデータが記録され保管されます。
・削孔深度や削孔径
・注入配合や注入量
・管理装置の記録データ
・残置の有無
・削孔軌跡図(平面+断面)

9土地の再利用の際は、上記の「施工報告書」をもとに新たな計画が立てられます。