日本杭抜き協会とは?

 

協会の目的

私たち「一般社団法人日本杭抜き協会」は、建設工事における既存杭引抜きの社会的使命を認識し、各種既存杭引抜工法の社会啓発ならびに普及を行うとともに、新技術の開発、提案及び高度化を行い、既存杭引抜工法を包括する、建設事業の発展と地域環境の保全・改善に寄与する事を目的としています。

事業内容

私たち「一般社団法人日本杭抜き協会」は、上記の目的を達成するために、次の事業を行います。
  1. 各種既存杭引抜きの社会啓発及び広報・普及活動
  2. 各種既存杭引抜工法の高度化のための学術研究活動
  3. 各種既存杭引抜工法の開発及び提案
  4. 各種既存杭引抜工法の積算及び技術資料の整備
  5. 各種既存杭引抜工法に関する計画、設計及び施工における関係団体との協力
  6. 各種既存杭引抜きに関する行政施策の実施に対する協力
  7. 会員に対する各種既存杭引抜工法に関する安全施工及び環境保全のための技術指導
  8. その他、本会の目的を達するために必要な事業

 

代表理事ご挨拶

高度経済成⻑期に建設された大量の建築物の更新,同じく大量に建設された社会基盤構造物の高齢化が今後集中的に進む中,当該構造物の解体需要は今後ますます高まっていくと予想されています。
そのなかで,現在の既存杭引抜き工(撤去工)では,引抜き杭の残置, 新設杭への悪影響,山留壁の変形,周辺地盤の沈下,跡地利用の障害等,施工中・施工後と もに様々な地盤環境問題が顕在化しています。
特に,解体・撤去後の跡地利用の際,地中における産業廃棄物の残存(既存杭やコンクリート殻)は,地盤環境の悪化をもたらす非常に深刻な問題であり,さらに土地売却取引等では「隠れた瑕疵」として社会問題にまで発展するケースが多く見受けられています。
一方,既存杭引抜き工は過去数十年間にわたって大きな技術革新もなく,実務ベースで施工されてきました。そのため,既存杭引抜き工も例えば地盤改良工や土壌汚染対策工と同様,ICT(Information and Communication Technology),CAE(Computer Aided Engineering),さらにはAI(Artificial Intelligence)といった先進的な補助技術を導入する余地があり,これらを導入することにより,既存杭引抜き工自体の技術改善が加速し,これまでの遅れを取り戻すことができると期待しています。
上記を踏まえて,有志の建設技術者は既存杭の地盤環境問題ならびに引抜き撤去について,独自に仲間を集いつつ,その背景・要因・対策工法を実務ベースで検討してまいりました。同時に,これまで未解明であった既存杭の引抜孔が周辺地盤へ及ぼす影響について学術的な評価を極め,引抜孔の存在が周辺地盤環境へ及ぼす種々の影響,その対策として充塡材に求められる性能等を学術的にも明らかにしています。言い換えれば,地盤環境の修復として高度な杭の引抜き技術を確立しなければならない必要性を,既存杭の引抜孔が地盤の静的・動的挙動に及ぼす影響を学術的に追究しています。
この度,既存杭の撤去技術の高度化・社会普及に真摯に取り組んでおられる複数の既往団体が一堂に団結して「一般社団法人日本杭抜き協会」を設立する運びとなりました。一般社団法人日本杭抜き協会の設立に際しましては,これまで若干軽視される傾向にあった既存杭の存在ならびにその引抜き工について,それらの技術革新に止まることなく,それらの必要性・重要性を学術的な見地から明らかにし,各方面に向けて公表することで学・他協会をも含む社会へ積極的に啓発する活動も合わせて実施してまいります。それより,建設技術者として既存杭の撤去に関する倫理感を育み,その上で既存杭の撤去に関連するグランドデ ザインを創造していきたく思っています。
一般社団法人日本杭抜き協会(JAPEP)は,地盤環境,強いては既存杭を取り巻く社会の情勢・展開を敏感に受け止めつつ,我が国における既存杭引抜き工の普及とその発展に貢献してまいりたいと思います。皆様方のご協力とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
代表理事 稲積真哉
2018年10月10日
一般社団法人日本杭抜き協会
代表理事 稲積真哉